只今、OEMのお問い合わせが殺到しており、大変混み合っておりますため、ご案内にお時間をいただいております。

ご迷惑をお掛けしており、誠に申し訳ございません。

今後のお問い合わせに関しては、
8月以降順次ご案内させていただきます。

何卒ご理解くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

こんなお悩みをお持ちでしたら、小ロット・ニーズに合わせた対応が得意な
「原田食品の餃子OEM」をお試しください

ikiteru01

生ぎょうざを製造する株式会社原田食品は、昭和51年、大阪府交野市に誕生しました。
創業以来、安心して食べられる国産食材を使用することにこだわり、保存料を使わずに製造しています。
原田食品のオリジナルブランド「交野はらだや」シリーズの生ぎょうざのアイテムを始め、多種多様な餃子を日々製造しているからこその“それぞれの食材に合った独自の技法”を駆使してOEMにご提供しています。

原田食品OEM生ぎょうざの 5つの特徴

焼餃子をメインとした定番餃子タイプから小籠包タイプ(水餃子・蒸し餃子)まで製造可能なので、ご希望のオリジナル餃子を形にします!

1.調整できる皮の厚さ

薄皮(0.5㎜)~普通(1㎜)まで厚さの調整可能!
国産の小麦はもちろん、米粉・餅粉などオリジナルで変更できます。

※小麦などの粉の原料をご提供いただければ、オリジナル餃子が作れます!                                                  ※小籠包タイプの水餃子(蒸し餃子)も可能(皮の量は変更可能)

2.最適な大きさ

大きさは「餃子1個17g」と固定になります。
これは、改善に改善を重ね、お子様でもたくさん食べられる大きさ(小ぶりでもない)で、食べやすさ・食べ応えのある、こだわりの大きさになります。

※小籠包タイプはの水餃子(蒸し餃子)も可能(皮の量は変更可能)

 

3.こだわりの具

旨味調味料・保存料不使用で対応!
オリジナルの食材を使用可能なので、和風・アジアン風・イタリアン風など具材をアレンジすることで、色んなタイプの餃子が製造できます。

※食材をご提供いただければ、オリジナル餃子が作れます!                                               ※食材の旨味を最大限引き出すため、生産者様からお預かりした食材をスタッフが手切りして具に使用することも◎

4.充実したオーダー変更

・餃子の粉
・餃子の餡
・皮に色をつける
これらのオーダー変更も可能なので、個性あふれるオリジナル生ぎょうざを作ることができます。

5.安心・安全の新鮮食材

大阪府の交野市にある弊社は、地元北河内の産品を中心に新鮮な食材を使用しています。
旨味調味料・保存料 無添加にこだわり、安心・安全の生ぎょうざをご提供しています。
(食材提供の場合を除く)

オリジナルの”こだわり生ぎょうざ”で売上アップしませんか?

国産材料使用・旨味調味料・保存料不使用・無添加といった、こだわりの生ぎょうざは、健康志向の高い消費者にとって魅力的な商品となり、オリジナルの食材を使えば、ブランディングや話題にも◎
オリジナルの生ぎょうざOEMなら、原田食品にお任せください。

OEM事例

牛肉餃子、アグー豚餃子、イベリコ豚餃子、桜餃子、お茶餃子、玉ねぎ餃子、キャベツ餃子、にんにく餃子、小松菜・椎茸餃子など、多数のOEM実績があります。

事例1:桜餃子
事例2:抹茶餃子
商品名(冷凍食品)仮称 ジューシー餃子
試作品(例)1:たまねぎ(通常) 2:たまねぎ(増量)
食材たまねぎ・豚肉・生姜・ニラ(国産)、小麦(アメリカ・オーストラリア)、塩、ごま油、調味料(アミノ酸等)
タレ餃子のタレ 10g 1個添付
内容量17g×10個 たれ10g 1個
保存方法冷凍 -18℃以下
賞味期限冷凍180日
アレルギー小麦・豚肉・鶏肉・牛肉・ごま・大豆・ゼラチン
その他保存料不使用
製造数1回の製造数20,000個 10個入パッケージに2,000パック
納品一括納品
備考1~2回の試作は手包み。大きさは17gのみ。
エビなどの甲殻類などの食材の仕様不可、食材によりアレルギー、添加物等は異なる

「弊社で使用しているパッケージ」もしくは「オリジナルパッケージ」かを選択できます。

用途
餃子・焼売用トレイ
入数
8、12個入
パッケージ
事例①
事例②
用途
餃子・焼売用パック
入数
12、20個入 その他タイプあり
※自動販売機対応有 20個入即売用
パッケージ
事例①
事例②
用途
餃子・焼売・肉まん、その他用トレイ
入数
10~30個入 その他タイプあり
パッケージ
事例①
用途
餃子・焼売・肉まん・肉団子・スープ・惣菜等用 真空袋
入数
10~30個入 150~300ml
パッケージ
事例①
用途
餃子・焼売用 折箱
入数
12~15個
パッケージ
事例①

デザイン制作について

オリジナルシール他デザインが必要なパンフレット等、商品オリジナルシールやその他箱、パンフレットなどは応相談致します。

<参考例>

餃子のたれについて

・餃子たれの添付の有無を選べます
・弊社が取引のある餃子タレを添付可能です

※10個入・12個入には餃子のたれ10gを1袋、20個入には10gを2袋になります。
※他の餃子のタレをご希望の場合は応相談ください。
※添付の餃子たれ、その他調味料についても、ご相談ください。

弊社取扱いイメージパッケージ内容

用途
餃子・焼売用トレイ
入数
8、12個入
パッケージ
事例①
事例②
用途
餃子・焼売用パック
入数
12、20個入 その他タイプあり
※自動販売機対応有 20個入即売用
パッケージ
事例①
事例②
用途
餃子・焼売・肉まん、その他用トレイ
入数
10~30個入 その他タイプあり
パッケージ
事例①
用途
餃子・焼売・肉まん・肉団子・スープ・惣菜等用 真空袋
入数
10~30個入 150~300ml
パッケージ
事例①
用途
餃子・焼売用 折箱
入数
12~15個
パッケージ
事例①

その他

デザイン制作について

オリジナルシール他デザインが必要なパンフレット等、商品オリジナルシールやその他箱、パンフレットなどは応相談致します。

<参考例>

餃子のたれについて

・餃子たれの添付の有無を選べます
・弊社が取引のある餃子タレを添付可能です

※10個入・12個入には餃子のたれ10gを1袋
 20個入には10gを2袋になります。
※他の餃子のタレをご希望の場合は応相談ください。
※添付の餃子たれ、その他調味料についても、ご相談ください。

原田食品が選ばれる理由

他社では難しい「素材を活かす」手法

この人手不足の世の中で、原田食品は従業員は20名弱、従業員の平均年齢58歳。最高齢は80歳。30年以上勤務のベテラン職人が多数。

これだけの人手と経験豊富なベテラン職人がいるので、他社では依頼主側でやらなければいけない手作業での工程を代行することができ、『素材を生かした手法』で製造を行えることができます。

 

小ロットから依頼が可能

原田食品は小さな食品製造工場です。
同じものを大量に製造すればコストが落ちるのは理解していますが、「少量を色んな種類、必要なだけ製造する」食品ロスの観点から、小ロットでニーズに対応した依頼が可能となっています。

無料試作品1回目(2種)&ラインテスト(機械)100個製造

じっくりコンセプトを擦り合わせたうえで、ご希望のレシピで1回目 2種 手包みで20個(無料)を試食いただき、ご意見を伺います。
1回目のレシピでOKであれば、弊社のラインテスト(機械)で100個製造(無料)します。

※2回目の試作は有料になります。
※ラインテスト100個分の送料は有料です。
※試作品開発については、弊社が取扱っている食材以外は提供いただくか、新たに弊社で仕入をする場合を応相談になります。
※工場のアレルギー仕様により、エビなどの甲殻類などの食材の不可となります。その他、アレルギー等の食材についてはお問い合わせください。

無償公的機関での菌数検査の実施

必要に応じて商品取引契約書及び守秘義務の契約締結を行います。
商品確定後、公的機関での菌数検査の実施(無償)いたしますので、ご安心ください。

小分け納品にも対応

冷凍設備が小さく一括納品では保管が難しい、そんな場合でも、弊社では「冷凍設備完備」のため、小分け納品が可能です(在庫保管の場合は別途保管料が必要です)

※小分け納品の場合はヤマト運輸
※5ケース以上または一括納品はランテック使用で納品になります
※運送費用は別途必要です

ご依頼実績・お取引様

・飲食店様  / スーパーマーケット様
・無人店舗販売、自動販売機
・小売店様(食肉販売店様) / 食品メーカー様
・全国の生産者様(食材全般)※ふるさと納税用商品

業務用餃子・惣菜等でお困りの方や、農産物の生産者さまの食材を使った餃子や、ご当地餃子などとしてふるさと納税商品、道の駅などで販売されています。

ご依頼から納品までの流れ

まずは、お問い合わせください。
味付け、サイズ、価格などのご要望をお聞かせください。

1お見積り・ご相談フォームや、お電話でお問い合わせ
2コンセプトの設定・擦り合わせ
3手包みによる試作 2種
4味の確認
5機械によるテスト製造
※数量・納品形態・納品サイクルなどの提案後、概算お見積り作成
商品名・パッケージ等々デザインについての確認
6味の確認 最終チェック
(原材料表示)シールの発行、お見積書作成)
7ライン製造・検査機関へ提出
8完成・納品

オリジナル餃子はコンセプトが大切

コンセプトがブレなければ、オリジナル餃子の開発に費用はかかりません。
どんな方向性で商品開発を進めていくのかを明確にすることで、開発コストを抑えることが可能なので「コンセプトをしっかり組み立てる」こと原田食品では大切にしています。

何度もお伝えしますが、コンセプトが一番の鍵になります。
思い描くコンセプトや、イメージする生ぎょうざをぜひお聞かせください。

OEM問い合わせに関してのお願い

|OEM商品にどのような目的なのかを明確にしていただき、
ポイントをまとめていただく必要があります。
 
原材料・人件費・物流費が日々高騰しておりますので、
コンセプトがブレることで費用が逆に嵩む場合もございますので、
これから進めさせていただく前に今一度コンセプトについて、ご検討ください。
 
弊社とコンセプトをしっかり擦り合わせをさせていただいた上で、
試作が可能かどうかの打合せを進めさせていただきます。
 
|OEM商品に関しては、「弊社が一番おすすめするのは餃子」です。
 
餃子は製造機械があるため、効率的に製造いたします。
最低ロットは5000/回となり、1回の製造数が増えることで
コストは安くなります。
餃子の大きさは17g(皮6g、餡11g)のみになります。
 
皮の色、餡についてはお客様のご要望に応じることができます。
皮の厚さ等などは多少変更は出来ますが、大量生産(10,000個以上/回)
をしないと生産ロスが出てしまいますので、その点ご了承ください。
 
餃子等に使用する原料について
 
弊社工場では使用できない原料があります。
アレルギーに関して特定原材料のえび、かに、くるみ、そば、卵、乳、落花生(ピーナッツ)です。
 
それらをご理解いただいた上で、お話ができれば幸いです。
 
その他食材について、弊社は基本国産の食材を使用しており、
調味料もなるべく無添加のものを使用しています。

食材の特徴等を共有させていただき、商品開発を進めて参ります。
 

只今、フードフェス等のお問い合わせが殺到しており、大変混み合っておりますため、ご案内にお時間をいただいております。

ご迷惑をお掛けしており、誠に申し訳ございません。

今後のお問い合わせに関しては、
6月以降順次ご案内させていただきます。

何卒ご理解くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

餃子のOEMお見積り・ご相談フォーム

餃子のOEMについてのご相談、お見積りなど、お気軽にご連絡ください。